食物アレルギーの主な症状と原因

食物アレルギーは、卵や牛乳、小麦、そばなどに含まれる物質に身体がアレルギー反応を起こします。
子供に発症する場合が多く、症状はさまざまで、嘔吐やじんましん、下痢などがある。また、重症化した場合には、ショック反応がでて、最悪の場合、死亡することもあるので注意が必要です。
食べ物に含まれるタンパク質が原因となるため、卵の場合には、卵のタンパク質、牛乳の場合には、牛乳のタンパク質に反応してしまうことになります。
乳幼児などに食物アレルギーが多く発症しますが、はっきりとした理由はまだわかっていません。じんましんなどが出てしまった場合はアレグラで皮膚の症状を緩和するとよいでしょう。
ですが、消化する力が弱かったり、アトピー性皮膚炎などの皮膚が荒れている場合など、そこから原因となる物質が侵入し、食物アレルギーになる可能性があるといわれています。
食物アレルギーを防ぐためには、食物アレルギー原因となる食べ物を特定することが重要です。特定したら、その食べ物を食べないことで発症を防ぎます。
そのため、食物アレルギーの方がいる家族は、食事などに関して、しっかりと管理することが大切です。本人が意識して原因となる食べ物を回避することも重要ですが、家族や周りの方々のサポートも必要になってきます。
また、年齢と共に免疫機能や消化吸収力などが向上するため、食物アレルギーの原因となるものに対して耐性ができると考えられており、病状が落ち着く場合があります。
ですが、学生時期や大人になってから発症した場合には、治りにくいこともわかっており、生涯、病状が続く場合もあります。
子供の頃に卵や乳製品、小麦などが原因で発症して板場合、年齢と共に原因となる食べ物が変わる場合があり、甲殻類やピーナッツなどが原因になる場合があります。