かぼちゃで口腔アレルギー症候群の人は手術の時に注意

アレルギー性疾患には、口腔アレルギー症候群というものもあり、花粉症の人が発症するケースが増えてきています。
口腔アレルギー症候群はその人にとってアレルゲンとなる特定の果物や野菜を食べた後、15分以内に唇や舌、喉などの口腔内にかゆみや腫れが出るという症状が特徴で、まれに喘息のような症状が出ることや、顔や体がかゆくなる場合もあります。
口腔アレルギー症候群のアレルゲンには、バラ科の果物であるりんごや桃などや、ウリ科の野菜であるかぼちゃやスイカなど色々なものが挙げられます。
何故、花粉症の人がこの症候群を引き起こしやすいのかについては、花粉症を起こす原因になるたんぱく質(アレルゲン)の構造と、果物や野菜に含まれているたんぱく質の構造が似ているからだと言われており、例えばブタクサの花粉症である人はかぼちゃなどのウリ科の野菜を食べた時にアレルギー反応が出やすいというデータがあります。
この症候群を予防するには、原因となる野菜や果物を食べないようにすることが一番なので、かぼちゃを食べて口腔内にかゆみや腫れが出たことがあるという人は、なるべくかぼちゃを食べるのを避けるようにするといった、自衛のための行動を取るのが体調を崩さないためには有効と言えます。
また、口腔アレルギー症候群の患者さんはラテックスゴムにもかぶれる場合があるため、一度ラテックスアレルギーの検査を受けておくと良いでしょう。
それは、手術に使用される手袋にラテックスゴムが含まれていることがあるからで、手術中にラテックス製の手袋に触れられたことで蕁麻疹や喘息発作、ひどい場合にはアナフィラキシーショックを起こす危険性があるので、バナナやキウイ、アボカド、ジャガイモ、トマト、パパイヤ、栗などでアレルギーを起こしたことがある人は、病院にかかる時には医師にそれについて伝えておき、手術を受ける時には必要な対策をしてもらえるよう相談すると安心です。