アレルギーに効果のあるアレロック錠剤について

アレロックは、アレルギーの症状特に花粉症の治療に多く用いられているお薬です。アレロックには、通常の錠剤のほかに、OD錠という口中崩壊錠というものがあります。OD錠とは、口の中で溶けるので錠剤と違って水なしで飲める特徴があり、外出時でも飲めたり、錠剤が飲みにくい高齢者などでも飲めて便利なものです。
アレルギーの症状の発現には、ヒスタミンという炎症性化学伝達物質が関係していて、ヒスタミンが受容体にくっつくことで、症状が発現します。アレロックはこのヒスタミン受容体をブロックする抗ヒスタミン薬の仲間で、副作用が抑えられた第二世代という抗ヒスタミン薬に属します。第二世代は、それまで、脳の受容体にも反応していましたが、それを少なくすることにより、副作用が起きにくくなっています。抗ヒスタミン薬の副作用として眠気があげられますが、第二世代では眠気が出にくいと言われています。アレロックは第二世代の中では眠気が起きやすいと言われていて欠点としてあげられます。
しかし、第二世代の抗ヒスタミン薬の中でも効果が強いお薬と言われ、よく処方されています。アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、皮膚のかゆみ、多形滲出性紅斑などの症状に効果があります。特に鼻詰まりと蕁麻疹に効果があります。
アレルギーの発症には、ヒスタミンのほかにもロイコトリエンなどの炎症性化学伝達物質が遊離されますが、アレロックはそれらの遊離も抑えろ効果もあります。そこで、花粉症の症状が出る前から予防のために服用し、症状が出ることを抑えることが可能です。
眠気のほかの副作用には、集中力や判断力の低下があります。車の運転は避けた方が良いでしょう。また、まれに、重篤な劇症肝炎が起こることがあります。使用上の注意をよく読み、医師や薬剤師の指示に従って服用しましょう。