乳幼児に多い食物アレルギー

食物アレルギーは、特定の食品を食べた場合に発症するものです。乳幼児の場合の多くがアトピー性皮膚炎を発症します。
乳幼児が発症しやすい理由としては、母親が卵などを食べた状態で、赤ちゃんに母乳を与えるとその母乳に卵の成分が含まれてしまうためと、考えられています。
食物アレルギーの原因となる食品は、主に卵や乳製品、小麦です。赤ちゃんから成長していくにつれて、魚類やイクラなどの魚卵などもアレルギーを引き起こす場合があります。
また、子供が成長することで、体内での消化機能や腸の粘膜機能がしっかりとしてくるため、アレルギーの原因となった食品を食べても発症することがなくなる場合も多いといわれています。
ですが、食物アレルギーを軽く考えてしまうのはよくありません。症状が悪化した場合には、意識を失うことや呼吸困難になることもあるためです。
アレルギー症状が出たら、早めに病院に行き、医師の診断を受けることをおすすめします。
食物アレルギーでは、食物除去という方法で発症を防ぎます。やり方はいたってシンプルで、原因となる食品を食べないようにすることで予防します。
これには、家族の協力が必要になります。家族が、食事などに気を使わなければならないためです。原因となる食品を入れた料理をしないこと。また、外食などの時も料理の中に原因となる食品が含まれていないかもチェックしなければなりません。
また、極端に食物除去を実行してしまうと、栄養の偏りが出てしまい、子供の成長を阻害することにもなりかねません。調理方法によっては、原因となる食品でも少量なら食べても大丈夫な場合などもあります。医師とよく相談し、栄養バランスのとれた食事ができるようにすることも大切です。