抗アレルギー剤セチリジンの眠気や倦怠感や頭痛

体の中にある異物(抗原)が入ってくると、その異物を体から排除するために過剰に免疫反応を起こす場合があります。普通その異物は体にとって無害なものにもかかわらず、不必要に不快な結果をもたらす免疫応答が起きている状態をアレルギーと呼びます。
アレルギー反応が起きると、免疫系の細胞(肥満細胞)からヒスタミンをはじめと知り化学物質が放出され、ヒスタミンはH1受容体と言うある神経受容体と結びつき、その刺激により、いろいろなアレルギー症状が出てきます。
セチリジンの主な作用は、ヒスタミンがH1受容体と結びつくのを阻止する事です。
アレルギーの反応が起こす不快な症状を治療する薬で、アレルギー反応その物が身体の中で起きないようにする薬ではありません。
セチリジンは第2世代のヒスタミン拮抗薬で、ヒスタミン受容体とのみ結びつき、他の作用がありません。そのために第1世代のヒスタミン拮抗薬に多かった喉の渇きや排尿障害のような副作用は見られません。
またセチリジンは脂溶性が低いという特徴があるために脳内に入りにくく、眠気の副作用も代1世代の抗ヒスタミンや句に比べて減っています。
比較的早く効きはじめ、持続時間も長いのでアレルギー性の病気によくつかわれています。特にくしゃみ、鼻水に効果が高く、アトピー性皮膚炎にはかゆみが消える効果を目的によくつかわれます。
セチリジンを飲むのに適さない人は重い腎臓病や肝臓病や転換の人や高齢者の人です。
副作用としては、翌朝眠気や倦怠感が残る場合があります。セチリジンを続けて飲んでいる人は定期的に肝臓検査を受けるべきでしょう。
また頻度は少ないですが頭痛や頭重感を訴える人もいます。
眠気や倦怠感や頭痛などの症状が出た場合は、すぐに医師や薬剤師に相談をしてください。
これらの眠気や倦怠感や頭痛などの症状だけがすべての副作用ではありませんので、異常を感じた場合は、医師に相談するようにしましょう。