食物アレルギーから乳幼児を守る方法

乳幼児を食物アレルギーから守る方法としては血液検査を行って事前にアレルゲンを特定することが有効で、それによって食べる前に予防をすることができます。乳幼児はアレルギー症状が出ると湿疹や蕁麻疹の他に喘息などを起こすリスクがあるので、離乳食を食べる段階で一度検査をして一般的な食品にアレルゲンが含まれていないかを確かめておくことで、乳幼児を食物アレルギーから守ることができます。乳幼児の離乳食として使われる食材としては乳製品や穀物、野菜類などが多いのですが、塩コショウなどの香辛料もアレルギーの原因になることがあるので、これらに関しては検査を行ってアレルギーの有無を確かめておく必要があります。この他の食品に関しては症状が出た場合に対処をすることで重症化を防ぐことができますが、何度もアレルゲンを摂取しているとアナフィラキシーショックが起きやすくなるので、アレルゲンを特定したら、その物質は極力排除する必要があります。ダニやハウスダストなどのアレルギーを防ぐのは難しいので、清潔な生活環境で過ごすなどの対処しかありませんが、食物アレルギーに関しては食品表示などをしっかりとチェックすることで予防することができるので、惣菜やレストランでの食事の時にもアレルゲンに関して確認をしてから乳幼児に食べさせる必要があります。乳幼児は異物を吐き出す習性があるので、症状がわかりやすいので、普段とは違う反応をした場合には医療機関を受診して検査を行うことが大切です。治療は基本的には抗ヒスタミン剤を服用して症状を改善するのですが、乳幼児の体の大きさによって量が違うので小児科を受診して適切な治療をして、飲みやすい薬を処方してもらう必要があります。